住のこだわり

身体を癒し、環境に負荷を掛けないWaRa倶楽無の家屋は、いわゆる健康と環境が調和したジャパニーズオーガニックライフを表現する建物です。
インテリアデザイナー中田重克さん監修のもと、古くから伝わる匠の技と最先端の環境技術を融合し、機能性重視の生活提案型住宅を造りました。



 床材に桜、梁にはケヤキの古材を使用した、心地よいダイニング。引き戸を全開すれば、隣接のリビングとテラスと一体化して開放感たっぷり。
 温泉以上の効果がある自慢のお風呂。高さ1m・幅2mのピクチャウィンドーを開けると、半露天風呂に大変身。
 太陽光発電パネル・真空方式の高効率太陽熱温水器を設置しています。
 風呂の庭石は地元成羽川の自然石。ヒバのルーバーと黒竹の垣根も自慢です。

可能な限り、環境に負荷を掛けない家屋。材木のみならず、土・石・硝子等との調和も図った、日本伝統技術と伝統工芸の博物館の様な、機能性重視の生活提案型住宅です。