メモリザ誕生物語タイトル

メモリザ 時をさかのぼる事40年前、かさね煮を生み出した我が師・故小川法慶師が、友人の急病に際して、とっさのヒラメキで手元にあった鉄なべで玄米を真っ黒に煎り上げ、それを炊き出して飲ませたところ、友人は一命を取りとめました。
この偶然と必然によって生まれた飲み物は、その後、玄米に神の力が宿ったということから、先生自ら「玄神」と名づけ、黒煎り玄米は、その効用ゆえに、いつのまにか人から人へと伝えられ広まってゆきました。
私も小川先生に教えを受けた者として、この黒煎り玄米を広めたいと思っていました。
ちょうどその頃、縁あって鳥取県大山の麓に住む松尾さんにその製法を伝えることとなり、黒煎り玄米は、とうとう製品化することになったのです。

それからは料理教室や講演会を通して少しずつ、この飲み物の素晴らしさをお伝えして、皆様に喜んでもらってきました。そして、時を経ること10年、2004年の年の暮れ、突然、松尾さんから電話がかかってきました。

「船越さん、とうとうできたんです!
コーヒーよりおいしい、ドリップ式で抽出する玄米珈琲が! ぜひ、試飲してみてください!」

松尾さんの喜びようは、こちらが圧倒されるほどのものでした。
早速飲んでみると、本当に味わい深いすっきりとした苦味とコク。
あまりのおいしさに、なぜこのような美味しいものが出来上がったのかと、松尾さんに尋ねました。すると、なんと驚くべきことに、あれ以来、10年間ずっと本当においしい玄米珈琲ができないかと研究を続けてきたというのです!

そして、やっと納得の出来るものができたので、試飲して欲しかったということだったのです。
10年ですよ、10年。それはもう、びっくりしました。

味もさることながら、体と心の変化に驚きました。黒煎り玄米が体を温めてくれることは広く知られていますが、それだけではなく、心がすっきりとしてくるのです。
さらに驚いたことに一口飲んだとき、何か懐かしいような、何かを呼び覚ますような安らぎを感じたのです。

その時、頭にふっと浮かんだ言葉が、「記憶」です。稲の向こうにある記憶が私に語りかけてくれたような感覚。稲を育んだ大地、水、風、太陽、そして宇宙の森羅万象、その自然とつながったような感覚を覚えました。それが、玄米珈琲「稲の記憶 メモリザ」の誕生です。



MEMORY 記憶 ORYZA 稲の正式学名 MEMORYZA


それから松尾さんと試行錯誤を繰り返しました。
そんな時、有機栽培のみならずシュタイナー農法まで加えた独自の米作りに情熱を燃やす米農家、牧野仙一さんとの運命的な出会いがありました。
このお米を使って1年後、ドリップタイプ、ティーバッグ、顆粒タイプ。三種類の製品化にやっとこぎつけました。

友人何人かに試飲してもらったのですが、コーヒー依存だった新潟の友人は、「これはうまい!」といって玄米珈琲を飲み始め、反対にコーヒーをやめることが出来ました。
そして何よりも、玄米珈琲に代えて体調も良くなったと喜んでくれています。

また、何軒かのカフェでメニューに加えてもらったら、好評で、今ではコーヒーと売り上げを二分するようにまでなったと聞いています。
健康志向の強いアメリカ。その中でも特に意識が高く、スターバックス発祥の地でもあるシアトルのカフェでも試飲してもらいました。

エスプレッソぐらいに濃く抽出して、豆乳でカプチーノ風にしてみました。
すると、これがなかなか好評で、ぜひメニューに加えたいという嬉しい反応をもらいました。
現在、日本でもコーヒー豆の消費量は年間約43万トン、その10パーセントの4万3千トンが玄米に代わればお米の消費拡大に貢献し、飲む人の健康にもつながります。そしてさらに大きく言えば、「日本発の玄米珈琲文化を世界に広めたい」こんな夢を、私は本気で考えているのです。